太陽光発電のシステムをご紹介します。

HOME > 太陽エネルギー・知ってトクする基礎知識 > 太陽光発電のシステム

太陽光発電のシステム

太陽光発電システムは大きく分けて「独立型」と「系統連系型」の2つがあります。

独立型

商用電力系統(電力会社)と完全に分離したシステムで、太陽光で発電した電気だけで運転します。
太陽光が少ない曇りの日や夜間にも運転する場合には、蓄電池に電気をためておく必要があります。
このシステムは街路灯や道路標識などに利用されています。

図:独立型システム

系統連系型

商用電力系統(電力会社)と連系して電気を売買するシステムで、住宅用太陽光発電システムのほとんどが、この連系型システムです。
発電量が不足するときには電力会社から電気を購入し、発電量が余るときには電力会社に電気を買い取ってもらうことができます。

図:独立連携型システム

太陽光発電システムの概要

住宅用太陽光発電システムは、電気を「つくる」「変換する」「送る」「量る」のポイントで考えましょう。

「電気をつくる」
まず、太陽電池モジュールが太陽光を受けて、効率よく直流電流をつくります。(発電)
「変換する」
発電された直流電流がパワーコンディショナに送られます。
パワーコンディショナは送られてきた直流電流を電力会社と同じ交流電気に変換する役割があります。
さらにシステム全体の運転を管理します。
「送る」
屋内用分電盤が、発電した電力を各部屋で使えるように送電します。
「量る」
太陽光発電システムは電力会社の電線とつながっています。
発電電力が消費電力をオーバーした場合には、電力会社へ逆送電し、電気を買い取ってもらいます。
曇りや雨天の日中や夜間などは、今まで通り電力会社の電気を使います。これを系統連系型太陽光発電システムといい、電気のやり取りは自動的に行われます。
電力が不足した時に購入した電力や、電力が余ったときに売った電力は、それぞれ独立した電力量計で表示します。

太陽エネルギー・知ってトクする基礎知識

* 太陽光発電の基礎知識 |太陽光発電のシステム|* 太陽エネルギーの経済性
* 太陽電池とは? |* 地球環境 |* 補助金・優遇制度 |

太陽エネルギーにつきまして関心をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください!

フリーダイヤル:0120-419-007 年中無休

お問い合わせはこちら

太陽エネルギーの販売、施工、修理、点検 セオハウスコウプ ページトップへ戻る